倉敷町家トラスト  
トップページ倉敷町家トラストとは活動内容入会方法


倉敷<防災・復興支援>年末交流会



倉敷<防災・復興支援>年末交流会

12月14日(金)の18:30~20:30(開場18:00)に、美観地区の新渓園にて、
倉敷<防災・復興支援>年末交流会を開催することとなりました!

▼日時
2012年12月14日(金)18:30~20:30

▼場所
新渓園 広間
http://www.kurashiki-tabi.jp/see/6299/

※会場に駐車場はございませんので、近隣の駐車場をご利用ください。
※アルコールはありません。

▼タイムスケジュール
18:00 開場・受付開始
18:30 開演
 ~特別ゲストによるミニ講演~
 ~各団体等からの現状報告、くらやみキャンドルについて~
19:30 会食・懇親
20:30 終了

▼ゲストプロフィール
<大見 幸子氏>
福島県双葉郡大熊町生まれ。
2011年3月まで、沖縄生まれのご主人、
小6、4歳、3歳(現在)の3人の娘さん、
愛犬とともに同県いわき市に暮らした。
震災にともなう原発事故により、家族で倉敷市に避難し、
移住後は、仕事の傍ら避難者支援団体のスタッフとして活動し、
また3.11により「原発の町」で生まれ育った人生・価値観を根底から
揺さぶられた体験を、多くの人に語り伝えた。現在は倉敷市に在住、
2012年末に東広島市へ転居の予定。


<末田 祐介氏>
1985年3月生まれ、児島に育つ。
京都の専門学校卒業後に建設会社に務め、
紆余曲折あり測量会社に就職。
震災の年、5月にボランティアで岩手に入る。
7月から大槌町の瓦礫撤去のリーダーを任され、
翌年の2月までボランティアを続ける。
3月からまごころネットの緊急雇用に入り、
まごころネットの建設業務に携わり現在に至る。

*まごころネットの近況*
釜石の瓦礫撤去が終息し、災害ボランティアの主体が、
瓦礫撤去から農業支援や仮設住宅の見守り支援にシフトする。

農業支援では田畑の復旧や、新たに畑を開墾し、
仮設住人の生きがい作りや採れた物を使い、
ワークショップを開催している。

見守り支援では、仮設住宅やみなし仮設を周り、生活困窮者の見守りや、お茶っ子等をしている。

12月末日に、市の緊急雇用制度が終了するため、
活動の規模がある程度縮小する見込みで、現在、
何を残し何処を縮小するのかを検討中。
活動の縮小はするも、遠野まごころネットは
今後2、3年活動を続ける予定。


▼参加費
2,000円(飲食費含む)

▼お申込方法
お手数ですが、こちらのサイトからフォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。
http://form1.fc2.com/form/?id=788863

▼定員
50名

【主催】
DONATION(どねーしょん)くらしき

【後援】
倉敷市

【お問い合わせ】
DONATION(どねーしょん)くらしき 事務局
Tel :080-6323-1841(担当:山本)
Mail :okayama@coco-on.jp





スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログメンバー

CHU:倉敷町家トラスト代表
ならむら:広報担当のデザイナー
riku:倉敷町家トラストスタッフ
ヨネ:倉敷町家トラストスタッフ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


RSSフィード