倉敷町家トラスト  
トップページ倉敷町家トラストとは活動内容入会方法


町家暮らし ~本町の移り変わり~


今、私の店フェリシテのある場所は10年前までは駄菓子屋さんでした。私が育ったのは横の細い路地を入った所にある昔2軒長屋だったところを1軒につなげた左右対称の家。この家に結婚するまでずっと住んでいました。そうして8年前、駄菓子屋だった家を建て直して今のフェリシテが存在することになったのです。そんな訳で、私の町家暮らしは足掛け・・・何年になるのでしょう?
子供の頃は本町は職人の町でした。家を出た所には鍛冶や、隣は桶や、時計の修理をする店、家の前は提灯と傘の店、並びに畳や、タンスや、こんな風に周りはいつも店先でおじさん、おばさんが仕事をしていました。小学校の帰り、窓にひっついて巧みな仕事さばきに見入ったものでした。こんな風景を今思い起こしてみて、懐かしさで胸が熱くなってしまいます。おじさんもおばさんも今はいません。はっきりと皆の顔が頭に浮かんできました。いい時代だったなと感傷に浸るだけで終わってはいけない、彼らの町を守らなければと思うのです。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログメンバー

CHU:倉敷町家トラスト代表
ならむら:広報担当のデザイナー
riku:倉敷町家トラストスタッフ
ヨネ:倉敷町家トラストスタッフ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


RSSフィード