倉敷町家トラスト  
トップページ倉敷町家トラストとは活動内容入会方法


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


町家の日:3月8日、3月10日報告



町家の日・報告

3月8日、10日町家の日:まち歩き開催しました。22名の参加。
まず、倉敷中心市街地の町家景観の状況とトラストの取り組みをお話しした後、まち歩きをしながら
4軒の町家(売買・賃貸)をご紹介しました。
普段は絶対歩かない路地を散策、空き家や廃屋寸前の町家、こんなところに畑、「ご自由にお使いください」と書かれた東屋。観光地図には書かれていないヴューポイント、普段通らない昭和の長屋、町家の連担する通り、数軒は家のなかも見せて頂き、それぞれの物語と暮らしを忍ばせる町家めぐりの散歩でした。
ちゅう
スポンサーサイト


町家の日:3月8日、3月10日


1.町家の日ご案内
3月は英語でマーチ、だから3月8日はマーチヤで「町家の日」。

第1回:3月8日(木)まちあるきと町家の紹介
第2回:3月10日(土)まちあるきと町家の紹介
各回とも集合:10:00~(約2時間)
参加料無料:
場所:NPO法人倉敷町家トラスト事務所(倉敷市東町1-21)
3月10日は町家トラスト事務所にてカフェをオープンいたします。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
まちあるきを兼ねて町家のご紹介を致します。暮らしたい・事業を考えている・町家に興味がある、修理したい、町家のあらゆる相談にも対応します。誰もが居心地良く暮らせるまちを目指して!!


あけましておめでとうございます



新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます

昨年は、
・宮坂町の改装と事業者の入居、ソーシャルビジネスへの支援
・備中町並みネットワークでの取り組みとして、備中ゼミの開催
・第4回備中の町家でクラスの開催
・その他各種イベント、研究会、講演会などへの参加
また、多くの住民からの町家利活用相談もあり、さらに町家の譲渡などもあり
各種団体、住民からの期待を今まで以上に感じる年でした。

新年に臨み今年は今までの期待をさらに形にし、活動していきますので、今まで同様の。ご支援ご協力よろしくお願いいたします
ちゅう



備中ゼミ&全国町家再生交流会のお知らせ




第4回備中ゼミ&第7回全国町家再生交流会in倉敷
のお知らせ




 備中で毎年開催されている備中町並みゼミと2年毎に全国で開催されている全国町家再生交流会【第6回全国町家再生交流会は埼玉県川越市で開催】を倉敷市で開催いたします。
建物の修理、再生、維持管理の視点だけではなく、観光面では魅力的な町家の利活用に加えて、看板や装飾、イベント等の見直し、交通問題、住民への配慮など課題が膨らんできており、加えて豊岡市城崎や糸魚川市等の大火災、熊本や倉吉での地震被害などの直近の災害からみた安全なまちづくりの観点、など、歴史的町家・町並み景観の保存と賑わいを今後も持続可能なものにする様々な意見交換を行ないます。
現場からの報告では、京都で議論されている最新の情報を報告、4つの分科会ではそれぞれのテーマで議論し事例報告と議論を進め、より良い町家の在り方を共有していきます。
  「テ ー マ:町並み・賑わい・くらし」
  「サブテーマ:地方創生・インバウンドで注目を浴びる町家・町並み再生の課題と活動を考える」
 平成30年2月17日(土)
  第1部(第4回備中町並みゼミ)
  10:00 開会
   ・各地からの報告(倉敷市、矢掛町、早島町、浅口市金光地区)
   ・意見交換 
  11:45 閉会
  
  第2部(第7回 全国町家再生交流会in倉敷)
  12:30 受付
  13:00 開会
  13:10 ~現場からの報告 
  ・基調講演 京都の現状【町家の保全と継承の仕組み】宗田 好史氏(京都府立大学副学長) 14:00終了
  14:10 ~パネルディスカッション
    コーディネーター 沢田 伸氏(ひょうごヘリテージマネージャー機構H2O代表世話人)
    コメンテーター  三井所 清典氏((公社)日本建築士会連合会会長)
    パ ネ リ ス ト  北島 力氏、長谷見 雄二氏、宗田 好史氏、後藤 治氏
  15:10 閉会
             -----会場移動-----
  15:30 第7回全国町家再生交流会分科会(4分科会)
    【第1分科会】町家再生利活用(地域活動、まちづくり拠点等)
           コーディネーター 北島 力氏(全国町並み保存連盟常任理事)
           パネリスト 倉敷市、京町家情報センター、LLC金澤町家
    【第2分科会】災害に強い町家・町並みにする為のルールづくり
           コーディネーター 長谷見 雄二氏(早稲田大学教授)
           パネリスト 倉敷伝建地区をまもりそだてる会、城崎温泉町並みの会、他
    【第3分科会】町家や町並みの賑わいづくり
    (観光や魅力的な町家の利活用、看板・装飾・イベント等の見直し、交通問題、住民への配慮など)
           コーディネーター 小島 富佐江氏(京町家再生研究会 代表理事)
           パネリスト 矢掛町、公益財団法人妻籠を愛する会、NPO法人肥前浜宿水とまちなみの会
    【第4分科会】次世代への継承
          (相続や流通、歴史まちづくり面での行政の積極的関与、海外の事例など)
           コーディネーター 後藤 治氏(工学院大学教授)
           パネリスト 京都市、港町神戸を愛する会、NPO法人川越蔵の会
  17:30 分科会閉会 ---移動---
  18:30 懇親会(倉敷アイビースクエアー・フローラルコート)

 平成30年2月18日(日) 
  全体会
   9:30 ~分科会報告・総括 
  11:30 大会総括 三井所清典氏((公社)日本建築士会連合会会長)
  12:00 

  13:00 ~(予定)町家、町並み見学(エキスカーション)
        【国重文井上家、倉敷市立西中学校(昭和12年木造大規模校舎)、
町家クラスプログラム体験、中山家住宅】
 
■共催:第4回備中町並みゼミ実行委員会、第7回町家再生交流会in倉敷実行委員会、倉敷市

問い合わせ:事務局(備中町並みネットワーク)080-5232-6462


まち歩きと座談会のお知らせ



倉敷の未来・まちづくりの選択肢を残していく 12月2日(土)

*岡山大学・日本都市計画学会企画
倉敷・未来の継承-まちづくりの選択を残していく-
2017年12月2日(土)
会場:NPO法人倉敷町家トラスト事務所(倉敷市東町1-21)

13:00~14:00 NPO「倉敷町家トラスト」の10年を振り返る(倉敷町家トラスト代表理事 中村泰典)
14:00~15:30 倉敷美観地区と周辺のまちあるき
-まちの姿、暮らし、歴史と記憶-
15:30~17:00 まちづくり談義-思想と空間の継承-
  若者、研究者、地域の人の総参加
以上のスケジュールへの参加費は無料です
17:00~19:00 倉敷の未来を語らう会(ここから参加費:2500円)
 (コーディネーター 岩淵泰)
内容
倉敷美観地区は、年間約340万人が訪れています。白壁の美しい町並みは、江戸時代から続いており、1979年、国から重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。暮らしやすい町に向けた地域の思想を読み解くことが、本シンポジウムのテーマです。
 景観まちづくりの先端を走ってきた倉敷美観地区ですが、日本国内外から観光客が訪れてはいますが古い建物は減っており、新しい建物も建っています。暮らし、景観、そして、成長のバランスは、どこにあるのでしょうか。シンポジウムでは、倉敷町家トラストの中村泰典氏から景観まちづくりの展望と課題を伺った後、まちあるきを行います。若者、研究者、地域の人々との議論から地域の思想を明らかにし、継承を試みます。
主催
岡山大学ネットワークアゴラ、日本都市計画学会

ちゅう


カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログメンバー

CHU:倉敷町家トラスト代表
ならむら:広報担当のデザイナー
riku:倉敷町家トラストスタッフ
ヨネ:倉敷町家トラストスタッフ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。