FC2ブログ
倉敷町家トラスト  
トップページ倉敷町家トラストとは活動内容入会方法


シンポジュウム開催します



倉敷市伝統美観保存条例50周年記念シンポジュウム

■講演会とシンポジュウム■
・平成31年1月26日(土)13:00~16:30(開場12:30)
・倉敷公民館大ホール(倉敷市本町2-21)
・参加費:無料(申し込み不要)

・内容
●基調講演
演題「町並みの、何を・なぜ・どのように保存するのか」
講師:福川裕一氏(千葉大学名誉教授。全国町並み保存連盟理事長。クリエイティブタウン推進機構理事長)

●シンポジュウム
   テーマ「みんなでまもり育てる町家・町並み」
   パネリスト
  ・ 澁谷俊彦氏(山陽学園大学教授:倉敷市伝統的建造物群等保存審議会会長)
   「倉敷における町並み保存の歩みと今後の展望)
  ・ 牛丸岳彦氏(高山市教育委員会文化財課係長)
   「飛騨高山の町並みを守るために」
  ・ 中村泰典氏(倉敷伝建地区をまもり育てる会事務局長、NPO法人倉敷町家トラスト代表理事)
   「町家・町並み保存と地域住民」
   コーディネーター
  ・ 福川裕一氏

*開催に際しての思い
 倉敷市の美観地区を50年前に条例を策定して今に至る保存の過程は、景観まちづくりを進めている地域の先進事例でもあり、反面教師でもあります。
 高度成長期に、多くのまちがその姿を変えていく中、いち早く景観整備、町並み保存を進めた石川県金沢市、長野県妻籠町と時期を同じくして、岡山県倉敷市は、それまでの市民活動に加え、学識経験者の調査をふまえて、行政施策を進めたものが条例に結実した。
 こののち国は重要伝統的建造物群保存地区の制度を作り四十数年を経た今、21世紀に入り町家・町並み保存は成長であり、発展であることが多くの国民の共通認識になってきた。
 倉敷の景観はこの条例が50年前にできたからこそ残されているが、この決断と市民の長期にわたる保存の活動が半世紀を経た現在、当時の思いと希望や活動がうまく伝わっているかというと、当初町並み保存を進めた世代とは2世代の開きがある私自身を含め多くの市民は十分評価、理解できていない部分も多い。
 すべての日本国民に問う、「町並みの、何を・なぜ・どのように保存するのか」と問われたとき、果たしてしっかりその意味を語り、取り組むことができているだろうか。(チコちゃんは知っていると思うが)そのような状況も踏まえて、50年を契機として、これまでを振り返り、これからの50年に向けた取り組みや課題を考えたい。

*50年かければ多くのまちは、調和のとれた町並みを取り戻せる。そのモデルが倉敷の美観地区である。50年前の倉敷のこの地区は戦後20年経ち、壁は落ち、軒は波うち、古い家はモルタルやコンクリートの家に建て替えられ、変化した建物も多かった。それをコツコツ50年かけて修理・修復・改修・新築してきた、その結果である。
 どこのまちも決して遅くない、今から始めることはできる、あきらめてはいけない。私たちの先人たちが残してきた、築いてきた町家・町並みを保存、美しく継承した先にあるまちの姿は、その町に住んできた、暮らしてきた住民が選択できる、もう一つの未来の姿である。


チラシ


是非ご参加お待ちしています

スポンサーサイト


活動報告



12月までの活動報告

4月19日(木)備中町並みネットワーク定例会(新見)、勝山、久世訪問
4月20日(金)宮坂町の家周辺清掃(水工)
4月20日(金)牛窓・備前福岡・西大寺訪問(町家deクラス)
4月21日(土)津山城西・城東・大原古町・勝間田訪問(町家クラス)
4月27日(金)岡本直樹さん制作の「倉敷市街地鳥瞰図1966」220*220土間へ設置      
5月1日(火)地域おこし協力隊委嘱式(市役所にて)
5月9日(水)備前片上視察・玉野八浜訪問
5月15日(火)新庄村、真庭北房中津井、高梁市訪問
5月26日(土)10~平成30年定期総会
5月30,31日伝建協全国大会(大分県日田市)(代表参加)
6月2日(土)ソウルより視察団
6月10日(日)町並み保存連盟年次総会(新潟県上越市:代表出席)
6月14日(木)備中町並みネットワーク定例会
6月16,17、23.24日中心市街地町家残存調査
6月18日(月)松江訪問(代表)
6月27日(水)倉敷伝建地区をまもり育てる会総会
7月2日(月)F家面談
7月6日(金)岡山大学SDGSレクチャー(岡山大学:代表)
7月8日(日)倉敷東小学校避難所開設(広報・よろず相談担当で支援9月中旬まで)
7月12日(木)備中町並みネットワーク定例会
7月14日(土)e―コミュニティ研究所引っ越し
7月20日(金)県文祭実行委員会(代表参加)
7月28日(土)高知県須崎市より視察(くらすさき:7名)
8月2日(木)倉敷青陵高校4名(FW)
9月1日(土)福武教育文化振興財団報告会(代表、他2名)
9月13日(木)備中町並みネットワーク定例会
9月19日(水)倉敷南高校(ラーニングカフェ:代表)
9月27日(木)倉敷芸術科学大学みらい講座(公民館・中村代表講演)
10月6日(土)歴史的建築物の活用による地方創生シンポジウム(津山市:中村陽二副代表パネリスト)
10月11日(木)備中町並みネットワーク定例会(トラストにて)
10月20,21日倉敷阿智神社秋季例大祭(屏風祭り)
11月3日~25日町家deクラス2018
11月7日(水)備中町並みネットワーク例会
11月16~18日 全国町並みゼミ長野・松代大会(代表、他1名)
11月26日(月)愛知県半田市商工会議所視察
11月30日(金)地方シンクタンク協議会フォーラム(国際ホテル)パネリスト中村代表
12月1日(土)午後御坂の家・大掃除
12月13日(木)備中町並みネットワーク&町家deクラス反省会(岡山天神山プラザ)
予定
1月11日(金)定例理事会
1月26日(土)倉敷市伝統美観保存条例制定50周年シンポジュウム(倉敷公民館)

来年もよろしくお願いします


町家deクラス2018:受付開始



町家deクラス2018:受付開始

9月10日(月)10時から申し込み受付開始します。
町家deクラス2018
多くは予約定員制です
人気プログラムはすぐ定員になります
お早めにご予約ください

ちゅう




平成29年度活動資料の公開



NPO活動資料公開しました

平成29年度及平成30年度の資料の公開を致しました
平成29年度:活動計算書。財産目録。貸借対照表。事業報告書
平成30年度:事業計画書。予算書

以上NPO各種資料からご覧になれます
ちゅう





活動報告



最近の活動報告

4月19日(木)~5月中旬まで町家deクラスへの参加依頼に県内全域の町家・町並み保全団体訪問
勝山・久世・牛窓・備前福岡・西大寺・津山城西・城東・大原古町・勝間田・備前片上・玉野八浜・新庄村、真庭北房中津井、高梁市
5月26日(土)10~平成30年定期総会
5月30,31日伝建協全国大会(大分県日田市)
6月2日(土)ソウルより視察団
6月10日(日)町並み保存連盟年次総会(新潟県上越市)
6月16,17、23.24日中心市街地町家残存調査
6月18日(月)松江訪問(代表)
6月27日(水)倉敷伝建地区をまもり育てる会総会
7月8日(日)倉敷東小学校避難所開設(広報・よろず相談担当で支援・継続中)
7月20日(金)県文祭実行委員会
町家deクラスは今年は「町家deクラス:これがOKAYAMAプログラム」として
正式に岡山県民文化祭の主催事業として承認されました
7月28日(土)高知県須崎市より視察(くらすさき:7名)
8月2日(木)倉敷青陵高校4名(FW)

もうすぐ「町家deクラス:これがOKAYAMAプログラム」の冊子とHPでの公開を致します
ちゅ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログメンバー

CHU:倉敷町家トラスト代表
ならむら:広報担当のデザイナー
riku:倉敷町家トラストスタッフ
ヨネ:倉敷町家トラストスタッフ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


RSSフィード